概算相場額はあくまでも大雑把な目安

車を手放すことになり、売却額の概算相場を知りたいと思うのはどんなときでしょうか。

整理してみると、

・新しい車へ乗換えるのでその購入資金に当てられる金額の目途を知りたい

・事情があって車を手放すのでどの程度の収入額になるのかを知りたい

この二通りになるでしょうか。

いずれも車売却による収入で資金計画の目途を立てたいということになります。

■概算相場額は調べられるがそれはあくまでも大雑把な目安にしかならない

確かに実車を査定してもらう前に概算相場額を調べる方法はいくつかあります。

でも、注意しなければいけないのは、そのような概算相場額はあくまでも粗々な目安であり、それで持って具体的な資金計画(たとえばローン借入額など)を立てられるようなものではないということです。

車というはオーナーによって様々な使い方をされる耐久消費財であり、一旦中古になれば仮に全く同じ年式、グレード、走行距離であったとしても同じ評価額になる車は1台もないと言っていいでしょう。

たとえばネットの中古車販売サイトなどで年式、グレード、走行距離、ボディーカラー、装備などがほとんど同じ車が見つかり、その販売価格が90万円だから「中間マージン25万円みれば65万円くらいでは売れるだろう」などと見当を付けたしても、その見込み額が妥当なものだという保障は全く無いのです。

更に、下手に?概算相場を知ったばかりにその後に待っている大きな落とし穴にはまってしまいかねないことになります。

■「幾らぐらいで考えていますか?」は中古品バイヤーの常套手段

調べた概算相場額を胸に車買取店で査定を受けるとします。

一通りの査定が終わった後、査定マンは「幾らぐらいで売ろうと考えてますか?」と必ず聞いてくるでしょう。

これに「65万円くらいで考えています」と答えてしまったら、それはもう落とし穴にはまったことになります。

「幾らぐらいで考えていますか?」は車に限らず中古品バイヤーの常套手段であり、安く買い上げるための基本中の基本となるテクニックのようです。

もしあなたの車の本当の買取り相場が80万円だったとしましょう。

それを知っていても車買取店は決して「いや80万円くらいにはなりますよ」などと言うことはありません。

売り手が65万円で満足なのに65万円以上で買う必要が無いからです。

逆に市場相場が55万円だったらどうでしょうか。

車買取店は業者オークションの落札相場や査定結果によるマイナス要素を持ち出して「65万円は無理」と値切りにかかります。

そうなれば、仮に50万円と言われても「概算相場額」しか根拠の無い素人にとって反論は不可能と言っていいでしょう。

■概算相場を調べる手間をかけるくらいなら初めから一括査定を

このように、車の査定の概算相場額を事前に調べるというのは労多くして実りの少ないことになります。

実りどころか、車買取のプロのテクニックについて免疫が無ければ、概算相場額を知っていることがかえって仇になったりしてしまいます。

車を売ろうと決めたらまず概算相場を調べるのではなく、無料の一括査定を利用して複数の車買取店に査定依頼をしてしまった方が賢いやり方だと思います。

一括査定は業者同士の査定額の競争を前提にした査定サービスですので、概算相場とか「幾らぐらいで・・」とかは関係の無い世界になります。

車買取店は車を買い取れてナンボの商売でありあなたの車を買取するためにはライバル各社より高い査定額をつけるしかありません。

プロを相手にした交渉も必要なく、ただ「一番高い所に売ろうと思っている」というだけで各社は限界近くの競争をすることになります。

満足できる価格が出たらその買取店と契約してもいいですし、事情で売却するのは後日というのであれば査定だけでも一向に構いません。

査定額の有効期限は2週間というのが普通ですので、その間に概算相場よりはるかに確かな査定額を基に資金計画を立て資金の準備も進めることができます。

ただし日にちが開きすぎると流通相場が変わり再査定ということになるかもしれませんが、それでも概算相場額の場合よりは精度の良い資金計画を立てることができます。

いかがでしょうか。車の一括査定は完全無料の査定サービスですから、概算相場が知りたいと思ったならぜひ一度このような形で試してみることをお勧めします。


このページの先頭へ