? 売却された後の車の行方

売却された車は業者オークションにかけられるのが一般的

車を売却することにより、売却した車は持ち主だったオーナーの手を離れて、買い取った相手のものとなります。

しかしながら、やはり慣れ親しんだ愛車がどうなってしまうのか気になるという方も多いと思います。

そこで今回は、売却した車がその後どうなるのかについてざっと説明してみましょう。

売却された車は、買取先によって持ち主こそ異なりますが、基本的に行き着くところは同じであり、業者オークションにかけられることになるのが一般的です。

最近でこそ自社の店頭で買取車を直接販売する車買取店も出てきているようですが、まだまだ主流は業者オークションへの出品になっているようです。

中古車というのはオークションによる中古車市場で競売にかけられるのが普通であり、そのためオークションを利用せずに買取店の買取サービスを利用して車を売却したとしても、買取店が買い取った車をオークションに出品するため最終的にはオークションに関わることになるのです。

そうして中古車オークションに出品された車は、オークション会場で様々な人が参加する競りの結果により、様々な人の手に渡っていきます。

ほとんどは中古車販売店の仕入れの場合が多いでしょうが、中には代行業者の方が落札する場合もあるでしょう。

個人でオークションに参加していた方ならばその人の愛車となりますし、あるいは中古車販売店が競りで落とした車なら中古車としてお店に並ぶことになったりするのです。

このように、買取業者に売却された車はオークションに出品することで、はじめて中古車として誰かに買われることになるのであり、上で触れたように買い取った業者がそのままお店の売り物にするようなことはまだまだ一般的でないようです。

だからこそ、もしかしたら買取店で売却した車が、後日中古車オークションに代わりの車を探しに行ったら出品されていたなんてこともありえるのです。

ちなみに、もしも販売店で中古車として競り落とした車がいつまで経っても売れなかった場合、再びオークションに出品することでいらない中古車を処分するようなお店もあります。


このページの先頭へ