オークション代行は極めて個人取引に近い取引スタイル

近年、中古車オークションが中古車市場において中心的な存在となってきています。

そしてまた、中古車オークションの発展に伴い増えてきたのが、オークション代行と呼ばれるオークションの参加スタイルです。

今回はそんなオークション代行について簡単に説明したいと思います。

オークション代行とは、簡単に言えば極めて個人取引に近い取引スタイルでオークションに参加する方法のことです。

中古車オークションへの参加は業界の資格を持っている人しか許されていないので、一般個人などの出品を代行するという形で参加するというわけです。

つまり、代行者となるディーラーなどにオークションを任せることで、出来る限り自分の望みを叶えてもらうようなスタイルであり、オークションという様々な知識人の集まる場所において個人に近い形で対抗できる方法として近年人気を集めています。

中古車というのは、どうにも個人取引しにくい傾向にあります。

何せ車のオーナー変更の手続きをはじめとして色々と面倒な手順を踏む必要がありますし、車のような高い買い物となると、個人で購入するのは不安が強いです。

そのため、業者やディーラーといったプロフェッショナルや組織を介することで取引することが好まれるのです。

しかしながら、確かにこの方法ならプロや組織の介入によりある程度の安全性を確保することができますが、仲介者がいるからこそ余計な手間やコストがかかるというデメリットが有るのも事実です。

個人取引は、そんな仲介者を省くことで、余計な手間やコストをかけずに取引するスタイルであり、すべて自己責任となりますが、その代わりにスピーディーな取引をすることができるのが利点となります。

オークション代行は、代行者の介入こそありますが、業者やディーラーと比べると個人に近い形で取引できるスタイルであり、極めてスピーディーにオークションに参加できるのです。

代行者もまたプロなため、十分なサポートを期待できますし、オークションに参加するのであれば非常に有益なスタイルと言えます。


このページの先頭へ